出会い系サイトは、ネット上で異性との出会いを見つけることができる大変便利なサービスですが、利用するにあたってはいくつか注意しなければいけないことがあります。

その代表と言えるのがサクラの存在です。
サクラを使った悪質なサイトに登録してしまうと出会いが見つからないだけでなく、大切な時間やお金を無駄に浪費してしまうことになるので注意が必要です。

ここでは、出会い系サイトに潜むサクラの手口と見極め方についてまとめてみたいと思います。

サクラサイトの存在

ネット上には実に数多くの出会い系サイトが存在しますが、残念ながらそのすべてが優良なサイトというわけではありません。
なかには、利用者から料金をだまし取るために作られた悪質なサイトも存在するのです。

なかでも、サクラを使った悪質なサイト(サクラサイト)は、利用者の「出会いたい…」という気持ちを逆手にとる形で利用者に損害を与えるので、最も悪質な存在と言えるでしょう。

そんなサクラの手口も年々と巧妙化しており、昔に比べて見極めも難しくなっているので、ここで改めてサクラの手口を知るとともに見極め方を身につけておきましょう。

サクラの手口

出会い系サイトのサクラの手口は、サイト側の人間が会員に成りすまして一般の会員に対して故意に有料のサービスを利用させて料金をだまし取ります。
また、他の高額な有料サイトに誘導して法外な料金をだまし取るといった手口もあります。

ひと昔前には、大胆にも芸能人やその関係者を名乗ってメールのやり取りを繰り返し、サービスの利用料として高額な料金をだまし取られるといったケースもありましたね。

冷静になって考えてみれば、ありえない話と気づいてサクラを見極めることもできるのでしょうが、真剣に出会いを探している人は少ないチャンスをモノにしたい・・・と言う思いが強くて冷静さを失ってしまうのです。

サクラがいそうなサイトを種類ごとに見てみると、手口の性質上ポイント制の出会い系サイトは特に注意が必要となりますが、定額制のサイトでも利用期限が近付いてきたころに現れて利用期間を延長させることもありますし、無料の出会い系サイトでも提携する有料のサイトに誘導するといったケースもあります。

サクラの見極め方

理想のパートナーと出会いたい・・・そんな利用者の思いを逆手にとって、サクラは相手の会員に成りすまして言葉巧みに料金をだまし取ります。
そんなサクラを見極めるにはどうすれば良いのでしょう?

むかしは、機械的に作られたメールで騙そうとしていた時期もありましたが、あまりにも不自然さが露呈していてサクラの見極めもそう難しいものではありませんでした。
しかし、その後はサイト側がサクラの要員としてアルバイトを雇うようになり、人対人のやり取りになり見極めも困難になってきています。

余談ですが、アルバイトは男女関係なく雇っていますから、可愛い女の子と思ってやり取りしていた相手が「おっさん」ということも十分あり得ます。
こう言っちゃなんですが、相手がサクラのバイトだったとしてもせめて女であってほしいものです。

むかしは、女性側からのアプローチはサクラと思え・・・なんて時代もありましたが、それは女性の利用者が少なかった時代の話・・・。
今では、女性の出会い系利用者も増えてきているので、一概に女性からのアプローチはサクラ・・・とは言い切れません。

また、最近の出会い系サイトは、女性が条件に合った男性にランダムにメールを送信するサービスやプロフィールを見てくれた人の「足あと」機能、さらには気になる相手に対しての「気になります」機能など、女性からのアクションがとりやすくなっているので、サクラの見極めは一層困難になっています。

結局のところ、今どきのサクラは見極めが困難ということになりますが、サクラの目的は利用者に課金させること・・・。
ですから、不自然に有料のコンテンツに誘導したり、他のサイトへ誘導してくる相手は要注意ということになります。

サクラ被害のリスクを少しでも軽減させるには、優良なサイトに登録すること・・・。
サクラサイトが多いとされるポイント制のサイトでも優良なサイトはたくさんありますので、サクラを見極めるというよりも優良なサイトを見極めた方が良さそうです。